婚活アプリで梅毒患者急増?!婚活するなら安心・安全の結婚相談所で!

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。
最近ずっと「はてなブログ」ばかりで、公式ブログは超久しぶりです。

さてさて、先日こんな記事を見つけました。
↓↓↓↓↓
日本で爆増する梅毒患者と「出会い系アプリ」のヤバい関係

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56165

この記事によれば、全国的に梅毒などの性感染症患者が爆発的に増えていて、「マッチングアプリ」や「出会い系アプリ」の利用率と相関関係が見られるというのです。
こ、こ、怖いですね。

確かに、出会い系などの婚活アプリの多くは、女性は無料だったり、男性は数千円と気軽に利用できることから物凄い勢いで登録会員数が増えています。
ただし、この中で真剣に結婚を考えている人は極わずかです。

なんてったって、プロフィールは自己申告ですからね。
他者の美男美女の写真を使ったり、加工写真を使うことも可能なので、実際に逢ってみたらまるで別人だったなんて話をよくききます。
他にも、既婚者なのに独身と偽ったり、年収ごまかしたり、保険や宗教の勧誘されたり。
正直、私はオススメしません。
特に女性は危ないです。

だから、真剣に結婚したいなら安心・安全な結婚相談所がいいですよ。
そりゃ、婚活アプリに比べたら結婚相談所はべらぼうに高いと感じるかもしれませんがサービスが違います。
例えば、写真。
殆どの人はプロに撮ってもらうので、実物の方が多少見劣りするかもしれませんが、基本的に大きな加工をしてはいけないルールになっています。
それから、入会時に学歴・収入・独身証明書などを提出してもらうことになっているので
騙されることもないし、お断りなどの言いにくいやり取りは全てカウンセラーが行います。
そして、最大の違いは結婚に対する意識です。
結婚相談所は真剣に結婚を考える人だけが集まる場所です。

料金が高いのには、それなりの違いがあるのです。

50代以上の熟年結婚増えています!

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

昨年、阿川佐和子さんが63歳で結婚したことで話題になりましたね。
他にも、浅野ゆう子さんや夏木マリさん、桃井かおりさんが熟年結婚したことで有名です。
これは芸能人に限らず、2000年以降から50歳以上で結婚する人が急増しているんです。

増加の要因は様々ありますが、一つは50歳以上の初婚の増加です。
人生100年時代。65歳で定年を迎えたとして残りの人生35年もあります。
これまで仕事一筋で頑張ってきた人や「おひとりさま」を謳歌してきた人も、さすがに晩年の一人暮らしは心細く感じるようです。

18-05-13-15-07-11-158_deco.jpg
それから、婚姻期間20年以上の熟年離婚の増加に合わせ、50歳以上の再婚も大幅に増えています。子どもの自立や定年を機に離婚したものの、やはり独りぼっちの老後は寂しいからと、新たなパートナーを求める人が増えているんです。
配偶者が死別し、再婚するケースも同様です。

Marry upでも、昨日60代の女性が入会しました。

あなたも新たなパートナーを求めて、婚活してみませんか?
結婚相談所なら、スマホやパソコンの操作が苦手な人でも、マリッジカウンセラーがしっかりとサポートするので安心です。

結婚相談所はモテない男女の集まりなのか?正直にお答えします!

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

「結婚相談所って、モテない男女の集まりなんじゃないの?」
これ、よくある質問です。
残念ながら、結婚相談所は売れ残りの集まりだと思っている人が少なくないようで...

正直にお答えします。
モテる人もいれば、モテない人もいます。
でも、それは結婚相談所に限ったことではないですよね。
モテる人はごく少数で、普通の人とモテない人が大多数。それは、婚活アプリでも、婚活パーティー・合コン・街コンでも同じです。

だから、結婚相談所はモテない男女の集まりというのは偏見だなぁと思います。
何を根拠にそう思うのかなって。
すると、よく言われるのが「だって、モテる人なら出逢いに困ることないでしょ」と。
いやいや、モテる人でも職場が同性ばかり、それでいて忙しくて出かける暇もない人もいます。
仕事ができる人や頑張り屋さんほど、遊びに出歩かないので出逢いが少ないんです。
それに、たとえ職場に異性がいたとしても相性のいい人とは限りませんよね。

結婚相談所は、そういった出逢いのなかった人の集まりなんです。

百聞は一見にしかずで、実際に会員情報をご覧いただければおわかりになると思います。
むしろ、スペック的に見たら学歴も収入も平均より上。
結婚相談所に入るにはそれなりの費用がかかりますから、必然的に経済力のある人が集まります。
職業は公務員、自営業、医師、弁護士、会社員...と様々で、年齢層も幅広いです。
しかも、入会時に審査があるので身元のしっかりした方ばかり。
婚活アプリや婚活パーティーのように、無職(男性)や既婚者が紛れ込むようなことはないし、宗教や保険の勧誘を受けることもありません。

限られた交際範囲の中から結婚相手を選ぶより、賢い選択だと思いませんか?


池袋婚活パーティー開催まで2週間です!

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

3月24日(土)13:00~16:00 Mace池袋にて婚活パーティーを開催します!
東証一部上場企業のIBJ加盟結婚相談所7社の合同企画で、結婚相談所に入会していない方も参加することができます。

婚活のプロである結婚相談所が完全バックアップするので安心ですよ。
この機会に、婚活の悩みや不安、何でもご相談ください。
もちろん、無理な勧誘は一切いたしません。

チケットの残りは、あと2枚です!
お急ぎください!!

詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓
2018-02-19 (3).jpg

しあわせな結婚生活を応援しています!

『プリマリタル&マリッジカウンセラー』って、どんなカウンセラー?

 small.png現在、『プリマリタル&マリッジカウンセラー』としてお仕事をさせていただいている、稲葉じゅんこです。幸せな結婚生活を創り維持していくためのサポートです。
「プリマリタル」とは、結婚前という意味で、結婚前に自身のあるいはパートナーとの関係で、悩んでいること、決めておきたいこと、些細と思われる事柄についてのご相談を受ける相談役のことです。
一方『上級心理マリッジ』では、主に結婚生活において出てくる色々な問題についてのご相談を受けています。「マリッジブルー・マタニティーブルー・性格や価値観の不一致・家族を取り巻く人間関係・等々」です。
このようなご相談を受けながら、幸せな結婚生活を創っていくお手伝いをする仕事です。


なぜ、『プリマリタル&マリッジカウンセラー』なの?

これまでは、人生の悩み相談として、恋愛や結婚にまつわる悩みを始め、職業選択、人間関係、自身の性格、生き方、そして、DV、モラハラ、などの被害相談と色々な種類の相談を受けてきました。
そんな中で悩みの共通項として根本にある「成育歴」が、どうしても避けて通れないテーマだと感じていました。
そうは言っても今起こっている問題への解決にご本人が成育歴を振り返り、育ち直しをしていくことだけに時間をかけることにも少々、疑問を感じざるを得ない状況があると思っていました。そんな時、『プリマリタル&マリッジカウンセラー』のお勉強をする機会をいただいたのです。


スタートは『機能不全家族』を知ることだった

「機能不全家族」・・・私がこの言葉を最初に耳にしたのは、まだ心理カウンセリングの勉強中、「関係性依存」についての講義の中ででした。
『すばらしい!』この6文字熟語を目にした瞬間の私の感想です。
何がって?それは私が育った家庭の環境を見事に言い表していたからです。
だって私の家庭は両親、兄弟3人たまに祖母。自営業で、大金持ちではないけれど、経済的にそんなに困った記憶もない。当時お風呂がない家も多く、近所の人がもらい湯をしに来ていました。(すご~い、昔のことです)。
また、テレビや電子レンジ、その他の家電も町内の中では、いち早く投入していました。そして、テレビでアフリカ難民の番組を見るたびに「あなたはしわわせねー。子どものころから、いい暮らしができて」が母の常套句。
高度成長期世代の画一した価値観を鵜呑みにして育った私は、当然、心の奥に小さな疑問と、少し大きめの葛藤とやがて自分では手に負えないほどに膨らんだ自己矛盾を抱え込むこととなるのは、想像に難しくないことでした。そんなもてあますほどの自己矛盾の原因をこの6文字が的確にとらえていたのです。そして・・・

《機能不全家族とは》
 家族が家族として機能していないこと。

《家族の機能とは》
 子供が子供らしく、安心と安全と十分な保護と愛情を与えられる場のこと。
この機能(=役割)が十分に果たされていない家族のことを機能不全家族と呼ぶ。

①よく怒りが爆発する。
②冷たく愛がない。
③性的・身体的・精神的な虐待の存在。
④他人や兄弟間で比較される。
⑤過剰な期待。
⑥なにかにつけ批判される。
⑦世間体が優先される。
⑧親が病気がちあるいは留守がち。
⑨親子間の役割が逆になっている。
⑩両親の仲が悪い。
⑪お金・学歴・仕事のみが重視される。
⑫嫁姑の仲が悪い。

上記したことが家庭内で一つでも起こっていれば機能不全家族とされるのです。一つもない家庭はおそらく稀有な存在でしょう。
どんなご家庭も機能不全家族の要素を抱えているということです。そして、これらの家族間の関係性のパターンは、小さい頃は当たり前のこととして受け入れて暮らしていても、社会に出て、人と親しい関係を持つごと、あるいは人生の選択を迫られ瞬間に感じる「生きづらさ」の原因を作り出す種なのです。


なので、『プリマリタル&マリッジカウンセラー』なのです!

「家庭とは社会最少のユニットである」と私は考えています。ですので、幸せな家庭を築くことは、その家庭で育つ子供たちが生きづらさを抱えることなく、自分の人生をのびのびと生きていくベースを作るばかりか、社会のそして世界の幸せと平和に直結していることだと思っています。
そしてちゃんと機能する家庭を創っていくプロセスが、その人自身の生きづらさを取り去っていくプロセスにもなると言えるのです。
よって幸せな家庭とは、その構成要因である夫婦の一人一人がその心を整えて、その二人が生み出す「関係」を心地よいものにしていくところから始まります。
あなたの結婚生活での願望はどんなものですか?
理想は何ですか?
そして、パートナーとの関係はどんなものですか?
結婚すると忙しさに追われて生活することが目標になりがちで、理想や願望と言ったものは生活の中に埋もれ、忘れられていきがちです。パートナーとの関係も日常のパターンとして埋もれていきます。
『プリマリタル&マリッジカウンセリング』ではそんな普段ではわかりにくい自分の思いや関係性を言語化・見える化していくことで、個々の心と夫婦の関係を整えていけます。

結婚は実はクリエイティブでオリジナリティにあふれた活動の場なのです。その人自身の独自性と創造性を発揮してパートナーと心地よい関係を築いていくことを、一緒に考えていくお手伝いができれば幸いと思っています。

プリマリタル&マリッジカウンセラー
稲葉じゅんこ

輝く未来はプランニングで手に入れる!

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

本気で結婚したいなら、婚活プランを立てましょう!
思っているだけでは、なかなか目標は達成できないものです。
例えば、よくあるのがダイエット。
「5㎏痩せるぞ~!」ってやつ。
うちの娘は口癖のように言っていますが、実現した試しがありません。
それは、面倒くさがってプランを立てていないからです。
もし本気で5㎏痩せたいなら、痩せたときをイメージして、具体的な目標と行動計画を立てることで実現できる可能性はグンとアップします。
ラ○ザップなどのモニターがダイエットに成功しているのも具体的なダイエットプランを立てているからです。
仮に、プランを立てるだけで成功する確率が10%から50%に高まるとしたらどうでしょう?
プランを立てない理由はありませんよね。
婚活プランを立てて輝く未来を手に入れましょう!

婚活プランの立て方
①結婚のメリットを考える
例えば...
ブリブリのウェディングドレスで海外挙式する。
夫や子どもとディズニーランドで花火を観る、とか。
あなたが結婚して叶えたいことを具体的に想像してみてください。
そして、ドレスや式場の写真を手帳に貼ったり、スマホの待ち受けにしてみましょう。
モチベーションが上がって、やる気が出ます。

②目標を決める
「どんなお相手と、いつまでに結婚したいのか」最終目標を決めましょう。
このときの注意点としては、ちょっと頑張ればできそうな無理のない目標にすることです。
そして、さらに逆算して小さな目標を決めましょう。
例えば、1年後の結婚が目標なら、9ヶ月後までにプロポーズ、半年後までに真剣交際、3ヶ月後までに交際、1ヶ月後までにお見合い、1週間後までにお見合い準備、といった具合にそれぞれの目標を決めます。

③行動を決める
小さな目標を達成するための行動を決めていきます。
例えば、1週間後までにお見合い準備をすることが小目標なら...
美容室に行く。
お見合い用の洋服を買う。
お見合い写真を撮る。
というように、具体的に決めましょう。

④紙に書いて目につくところに貼る
昔、冬休みの宿題で「新年の抱負」とか書かされましたけど、一ヶ月もしないうちに忘れちゃいませんでした?
目標を立てても、いつも三日坊主。
でも、それは、あなたが怠け者だからではありません。
人間は「ホメオスタシス」といって、変化を嫌うようにできているのです。
ですから、プランを立てたら紙に書くだけでなく、目につくところに貼るとか、いつも持ち歩く手帳に書き込むなどして、常に目標を意識するようにしましょう。
すると、脳が少しずつ変化を受け入れ、目標達成に必要な情報をキャッチしてくれるようになります。

⑤行動する
あとはプラン通りにひたすら行動するのみです。

⑥宣言する
周りの人に婚活を始めたことを宣言してみましょう。
言ったからにはやらなきゃいけない状況をつくるのです。
また、宣言することで、合コンに誘われたり、友達を紹介されたり、チャンスが増えることもあります。

⑦目標を見直す
毎週○曜日は振り返りデーと決め、1週間に一度はチェックしましょう。
もしプラン通りに行動できていなければ、少し目標を下げること。
大切なのは継続することです。

⑧成功者に学ぶ
うまくいかないときは、うまくいっている人の話を聴いてみましょう。
成功のヒントが見つかるはずです。

自分史が安らぎのパートナーを教えてくれる

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

Marry upでは、入会時に自己理解を深めるためのカウンセリングを行います。
プロフィールをもとに、過去の出来事や恋愛経験を振り返りながら、長所・短所・好きなこと・嫌いなこと等を一緒に考えることで、あなたの大切にしたいことや価値観を探っていくためです。
そこがはっきりしていないと間違ったお相手選びをすることになってしまいます。

例えば、あなたが「子どもの頃に犬に噛まれた経験から動物が大の苦手」だとしたらどうでしょう?
ムツゴロウさんみたいな人と結婚したら完全なミスマッチですよね。
まあムツゴロウさんとまではいかなくても、犬や猫を飼っている人は大勢いますから、このようなミスマッチは充分考えられるわけです。

そこで、お相手選びをする前に、あなたがどうしたいのか一緒に考えていきます。
動物が苦手なのはどの程度なのか。
動物嫌いを克服したいのか。(克服するとしたら、どのような方法を使うのか)
最初から動物を絶対に飼わない人を選ぶのか...等々
あなたの答えによって、お相手選びも変わってきますよね?

他にも、一人っ子で寂しい思いをしてきたから子どもは沢山欲しいとか、ひとり親家庭で母に苦労をかけてきたから同居してくれる人がいい、とか。
プロフィールに書かないようなことも結構大事です。

こうしてあなたの歴史を振り返ることで、あなたがどんな人で、どんなお相手が合うのかを明確にしていきます。
自分史が安らぎのパートナーを教えてくれるのです。

プロが教える結婚相談所の選び方

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

結婚相談所といっても沢山ありすぎて、一体どこにしたらいいのかよくわからないですよね。
そこで今回は、もし私が結婚相談所を選ぶとしたら...
(もちろんMarry upですが...)
仮に私が自分の結婚相談所以外で婚活するとしたら、何を判断基準にするのか。
ポイントを伝授します。

①データマッチング型 or 仲人型
結婚相談所はデータマッチング型と仲人型の大きく二つに分けることができます。
最近は両者のサービスが入り交じってきていて、線引きすることがかなり難しくなってきていますが、大手結婚相談所の殆どはデータマッチング型、Marry upのように個人経営している小規模の結婚相談所は仲人型であることが多いです。

データマッチング型のメリットは大手で安心感があること、成婚料がかからないこと。
デメリットはデータマッチングゆえにミスマッチが多いこと、サポートが弱いことです。
大手結婚相談所の多くは一人の仲人が100~300名もの会員を抱えているため、入会したけど放りっぱなしにされたなんて話をよくききます。
そして仲人型のメリット・デメリットはその逆です。

サポートが煩わしく、ご自身で積極的に活動できる人はデータマッチング型、手厚いサポートを受けたい人は仲人型を選んだらいいと思いますが、個人的な意見としては絶対に仲人型がオススメです。
だって、本来結婚相談所の最大のメリットは仲人の手厚いサポートですよ。
放りっぱなしにされるなら、結婚相談所よりもっと安いところで十分です。

②カウンセラーの質と相性
心理カウンセラーを謳い文句にしている結婚相談所は少なくありません。
(うちもそうですが...)
でも、気をつけてください。
例えば、キャリアコンサルタントは国家資格なので勝手に名乗ることはできませんが、心理カウンセラーは資格がなくても名乗ることができるのです。そのため、無資格の人や、資格があっても半日や一週間足らずの講習を受けただけの名ばかり心理カウンセラーも存在します。
心理カウンセラーだからといって鵜呑みにせず、資格の内容や経験を確認しましょう。

それから、カウンセラーとの相性。
ここが一番重要です。
繰り返しになりますが、結婚相談所の最大のメリットは手厚いサポートです。
カウンセラーとの相性が悪ければ、うまくいくものもうまくいきません。
無料カウンセリングを受けて、ビビビッときた人を選んでください。

③サービス内容
セレブ専門、オタク専門、先生専門、バツイチ専門、自衛隊専門、20~30代限定、熟年限定、等々...ターゲットは様々で、サービス内容も全く異なります。
あなたに合ったところを選びましょう。

ちなみにMarry upは、結婚しても働き続けたい男女向け。スタッフは全てキャリアコンサルタントや心理カウンセラー等の資格を持ったプロで、無料でキャリアコンサルティングが受けられて、通常のカウンセリングも無制限、成婚後のアフターフォローも半年間無料です。
お料理教室や各種講座等、オプションサービスも充実しています。

④サポートの充実度
料金が安いと思ったらカウンセリングは別料金とか、月に一度だけ、というところもあります。
しっかりと確認しましょう。

⑤会員の質と数
地域によっては会員数が少ない場合もあります。
あなたの条件に合うお相手がどれくらいいるのか確認しましょう。


決して安い費用ではないので、無料カウンセリングをハシゴしてみてもいいと思います。

本気で結婚したいなら結婚相談所がオススメなワケ

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

50歳までに一度も結婚していない人の割合(生涯未婚率)が、
2015年で男性24.2%、女性14.9%
と、年々上昇しています。

もしや結婚したくない人の割合が増えているのでは?という人もいるかもしれませんが、
国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」(2013)によると、未婚者の9割弱が「いずれ結婚するつもり」と答えていて、結婚したい人の割合は約30年前から大きく変わっていません。
つまり、結婚したいけどできない人が増えているのです。

出会いの場が少ないから?
そんなこともありませんよね。
昔はお見合いくらいしかなかったと思いますが、今は婚活アプリ・お見合いパーティー・合コン・街コン・データマッチング・他...いろいろありすぎて、よくわからないほどです。
実際、婚活アプリの登録会員数はもの凄い勢いで増えています。

ということは、結婚したいと思っている人の割合は変わらず、出会いの場も増えているのに、結婚できない人が増えているということになります。
ですから、必要なのは出会いの機会を増やすことではなくサポートなんです!

結婚相談所なら、カウンセラーが全面的にあなたをサポートします。
プロフィール作成・お見合い写真・ヘアメイク・ファッション・デートマナー・異性とのコミュニケーション等のアドバイスはもちろん、あなたのメンタル面もサポートしていきます。

婚活していると、くじけそうになることが多いんですよね。
申込みしても断られ続けたり、デートまでこぎつけてもフラれたり...
そんなときにカウンセラーが解決策を一緒に考えたり、励ましたりして、二人三脚であなたの婚活を応援していきます。

これまでいろいろなところで婚活したけどうまくいかなかった人、是非一度ご相談ください。

結婚相談所は高いのか?

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

結婚相談所のイメージの第一位は「料金が高い」だそうです。
確かに、入会金・登録料の初期費用の他に、月会費やお見合い料、そして成婚料もかかってくるので、一見すると高そうな感じがしますよね。

そこで、自然な出会いで結婚したカップルと比べてみました。
第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する調査)によると、恋愛結婚の平均交際期間は4.5年といわれています。
仮に交際4年で結婚した場合の結婚までの交際費を算出してみると...

・デート代(食事代)
 0.8万円×3回/月×4年
・誕生日(プレゼント、食事、宿泊費)
 5万円×1回/年×4年
・クリスマス(プレゼント、食事、宿泊費)
 5万円×1回/年×4年
・バレンタイン(プレゼント、食事、宿泊費)
 3万円×1回/年×4年
・旅行(GW、お盆、年末年始)
 5万円×1回/年×4年

なんと、合計187万円です!!!
これで無事に結婚できればいいですが、できなかった場合はお金だけでなく4年半もの年月も無駄にしてしまうのです。
対して結婚相談所の場合、短期間で結婚に結びつけることができるので交際費はここまでかかりません。ですから、トータルで考えると恋愛結婚より結婚相談所の方がお金も時間も節約することができるのです。

それに、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が離婚率が低いというデータも出ています。

恋愛結婚での離婚率 40%
お見合い結婚での離婚率 10%

お見合い結婚の場合、結婚を前提にお付き合いを始めることから、お相手の条件や将来のイメージが明確になっているので離婚率が低いのでしょうね。

いかがでしょう?
これでもまだ、結婚相談所は高いと思いますか?