プロが教える結婚相談所の選び方

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

結婚相談所といっても沢山ありすぎて、一体どこにしたらいいのかよくわからないですよね。
そこで今回は、もし私が結婚相談所を選ぶとしたら...
(もちろんMarry upですが...)
仮に私が自分の結婚相談所以外で婚活するとしたら、何を判断基準にするのか。
ポイントを伝授します。

①データマッチング型 or 仲人型
結婚相談所はデータマッチング型と仲人型の大きく二つに分けることができます。
最近は両者のサービスが入り交じってきていて、線引きすることがかなり難しくなってきていますが、大手結婚相談所の殆どはデータマッチング型、Marry upのように個人経営している小規模の結婚相談所は仲人型であることが多いです。

データマッチング型のメリットは大手で安心感があること、成婚料がかからないこと。
デメリットはデータマッチングゆえにミスマッチが多いこと、サポートが弱いことです。
大手結婚相談所の多くは一人の仲人が100~300名もの会員を抱えているため、入会したけど放りっぱなしにされたなんて話をよくききます。
そして仲人型のメリット・デメリットはその逆です。

サポートが煩わしく、ご自身で積極的に活動できる人はデータマッチング型、手厚いサポートを受けたい人は仲人型を選んだらいいと思いますが、個人的な意見としては絶対に仲人型がオススメです。
だって、本来結婚相談所の最大のメリットは仲人の手厚いサポートですよ。
放りっぱなしにされるなら、結婚相談所よりもっと安いところで十分です。

②カウンセラーの質と相性
心理カウンセラーを謳い文句にしている結婚相談所は少なくありません。
(うちもそうですが...)
でも、気をつけてください。
例えば、キャリアコンサルタントは国家資格なので勝手に名乗ることはできませんが、心理カウンセラーは資格がなくても名乗ることができるのです。そのため、無資格の人や、資格があっても半日や一週間足らずの講習を受けただけの名ばかり心理カウンセラーも存在します。
心理カウンセラーだからといって鵜呑みにせず、資格の内容や経験を確認しましょう。

それから、カウンセラーとの相性。
ここが一番重要です。
繰り返しになりますが、結婚相談所の最大のメリットは手厚いサポートです。
カウンセラーとの相性が悪ければ、うまくいくものもうまくいきません。
無料カウンセリングを受けて、ビビビッときた人を選んでください。

③サービス内容
セレブ専門、オタク専門、先生専門、バツイチ専門、自衛隊専門、20~30代限定、熟年限定、等々...ターゲットは様々で、サービス内容も全く異なります。
あなたに合ったところを選びましょう。

ちなみにMarry upは、結婚しても働き続けたい男女向け。スタッフは全てキャリアコンサルタントや心理カウンセラー等の資格を持ったプロで、無料でキャリアコンサルティングが受けられて、通常のカウンセリングも無制限、成婚後のアフターフォローも半年間無料です。
お料理教室や各種講座等、オプションサービスも充実しています。

④サポートの充実度
料金が安いと思ったらカウンセリングは別料金とか、月に一度だけ、というところもあります。
しっかりと確認しましょう。

⑤会員の質と数
地域によっては会員数が少ない場合もあります。
あなたの条件に合うお相手がどれくらいいるのか確認しましょう。


決して安い費用ではないので、無料カウンセリングをハシゴしてみてもいいと思います。

本気で結婚したいなら結婚相談所がオススメなワケ

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

50歳までに一度も結婚していない人の割合(生涯未婚率)が、
2015年で男性24.2%、女性14.9%
と、年々上昇しています。

もしや結婚したくない人の割合が増えているのでは?という人もいるかもしれませんが、
国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」(2013)によると、未婚者の9割弱が「いずれ結婚するつもり」と答えていて、結婚したい人の割合は約30年前から大きく変わっていません。
つまり、結婚したいけどできない人が増えているのです。

出会いの場が少ないから?
そんなこともありませんよね。
昔はお見合いくらいしかなかったと思いますが、今は婚活アプリ・お見合いパーティー・合コン・街コン・データマッチング・他...いろいろありすぎて、よくわからないほどです。
実際、婚活アプリの登録会員数はもの凄い勢いで増えています。

ということは、結婚したいと思っている人の割合は変わらず、出会いの場も増えているのに、結婚できない人が増えているということになります。
ですから、必要なのは出会いの機会を増やすことではなくサポートなんです!

結婚相談所なら、カウンセラーが全面的にあなたをサポートします。
プロフィール作成・お見合い写真・ヘアメイク・ファッション・デートマナー・異性とのコミュニケーション等のアドバイスはもちろん、あなたのメンタル面もサポートしていきます。

婚活していると、くじけそうになることが多いんですよね。
申込みしても断られ続けたり、デートまでこぎつけてもフラれたり...
そんなときにカウンセラーが解決策を一緒に考えたり、励ましたりして、二人三脚であなたの婚活を応援していきます。

これまでいろいろなところで婚活したけどうまくいかなかった人、是非一度ご相談ください。

結婚相談所は高いのか?

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

結婚相談所のイメージの第一位は「料金が高い」だそうです。
確かに、入会金・登録料の初期費用の他に、月会費やお見合い料、そして成婚料もかかってくるので、一見すると高そうな感じがしますよね。

そこで、自然な出会いで結婚したカップルと比べてみました。
第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する調査)によると、恋愛結婚の平均交際期間は4.5年といわれています。
仮に交際4年で結婚した場合の結婚までの交際費を算出してみると...

・デート代(食事代)
 0.8万円×3回/月×4年
・誕生日(プレゼント、食事、宿泊費)
 5万円×1回/年×4年
・クリスマス(プレゼント、食事、宿泊費)
 5万円×1回/年×4年
・バレンタイン(プレゼント、食事、宿泊費)
 3万円×1回/年×4年
・旅行(GW、お盆、年末年始)
 5万円×1回/年×4年

なんと、合計187万円です!!!
これで無事に結婚できればいいですが、できなかった場合はお金だけでなく4年半もの年月も無駄にしてしまうのです。
対して結婚相談所の場合、短期間で結婚に結びつけることができるので交際費はここまでかかりません。ですから、トータルで考えると恋愛結婚より結婚相談所の方がお金も時間も節約することができるのです。

それに、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が離婚率が低いというデータも出ています。

恋愛結婚での離婚率 40%
お見合い結婚での離婚率 10%

お見合い結婚の場合、結婚を前提にお付き合いを始めることから、お相手の条件や将来のイメージが明確になっているので離婚率が低いのでしょうね。

いかがでしょう?
これでもまだ、結婚相談所は高いと思いますか?

驚き!30代が5年以内に結婚できる確率

今日から営業を始めます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さんはどんなお正月を過ごしましたか?
私は新潟の実家に帰省し、まったりしていましたが...
結婚願望をもつ皆さんにとって、この時期は一年で最も辛いときなんですよね。

まず実家に帰ると、両親や親戚から
「誰かいい人いないの?」とか
「早く孫の顔が見たいわ」とか
やいのやいの言われるわけです。

そして、追い打ちをかけるような年賀状攻撃。
「結婚しました」とか
「新しい家族ができました」
といった、幸せいっぱいの写真つき年賀状を見ると切なくなります。

今年こそ婚活して、素敵なパートナーを見つけましょう!
出会いは待っていても訪れません。

それでも、
「まだ大丈夫」
「自然な出会いを待つ」
なんて余裕綽々のあなた。
未婚者が5年以内に結婚できる確率をご存じですか?

2010年、2015年の国勢調査より算出した結果、
男性の場合、30歳 29.1%、35歳 17.8%、40歳 8.9%
女性の場合、30歳 35.5%、35歳 21.5%、40歳 9.3%
なんですよ。

さらに、20~30代既婚者の知り合ったきっかけを見てみると、
同じ職場 22.5%
友人の紹介 20.5%
学生時代(クラス・ゼミ・サークル・アルバイト) 14.2%
となっています。

30代になると合コンに参加する機会も減り、周りは既婚者だらけ。
自然な出会いを待っていたらタイミングを逃してしまいますよ。
もしあなたがいずれ結婚するつもりなら、一日も早く婚活することをオススメします。