プロが教える結婚相談所の選び方

Marry up マリッジカウンセラーのtakakoです。

結婚相談所といっても沢山ありすぎて、一体どこにしたらいいのかよくわからないですよね。
そこで今回は、もし私が結婚相談所を選ぶとしたら...
(もちろんMarry upですが...)
仮に私が自分の結婚相談所以外で婚活するとしたら、何を判断基準にするのか。
ポイントを伝授します。

①データマッチング型 or 仲人型
結婚相談所はデータマッチング型と仲人型の大きく二つに分けることができます。
最近は両者のサービスが入り交じってきていて、線引きすることがかなり難しくなってきていますが、大手結婚相談所の殆どはデータマッチング型、Marry upのように個人経営している小規模の結婚相談所は仲人型であることが多いです。

データマッチング型のメリットは大手で安心感があること、成婚料がかからないこと。
デメリットはデータマッチングゆえにミスマッチが多いこと、サポートが弱いことです。
大手結婚相談所の多くは一人の仲人が100~300名もの会員を抱えているため、入会したけど放りっぱなしにされたなんて話をよくききます。
そして仲人型のメリット・デメリットはその逆です。

サポートが煩わしく、ご自身で積極的に活動できる人はデータマッチング型、手厚いサポートを受けたい人は仲人型を選んだらいいと思いますが、個人的な意見としては絶対に仲人型がオススメです。
だって、本来結婚相談所の最大のメリットは仲人の手厚いサポートですよ。
放りっぱなしにされるなら、結婚相談所よりもっと安いところで十分です。

②カウンセラーの質と相性
心理カウンセラーを謳い文句にしている結婚相談所は少なくありません。
(うちもそうですが...)
でも、気をつけてください。
例えば、キャリアコンサルタントは国家資格なので勝手に名乗ることはできませんが、心理カウンセラーは資格がなくても名乗ることができるのです。そのため、無資格の人や、資格があっても半日や一週間足らずの講習を受けただけの名ばかり心理カウンセラーも存在します。
心理カウンセラーだからといって鵜呑みにせず、資格の内容や経験を確認しましょう。

それから、カウンセラーとの相性。
ここが一番重要です。
繰り返しになりますが、結婚相談所の最大のメリットは手厚いサポートです。
カウンセラーとの相性が悪ければ、うまくいくものもうまくいきません。
無料カウンセリングを受けて、ビビビッときた人を選んでください。

③サービス内容
セレブ専門、オタク専門、先生専門、バツイチ専門、自衛隊専門、20~30代限定、熟年限定、等々...ターゲットは様々で、サービス内容も全く異なります。
あなたに合ったところを選びましょう。

ちなみにMarry upは、結婚しても働き続けたい男女向け。スタッフは全てキャリアコンサルタントや心理カウンセラー等の資格を持ったプロで、無料でキャリアコンサルティングが受けられて、通常のカウンセリングも無制限、成婚後のアフターフォローも半年間無料です。
お料理教室や各種講座等、オプションサービスも充実しています。

④サポートの充実度
料金が安いと思ったらカウンセリングは別料金とか、月に一度だけ、というところもあります。
しっかりと確認しましょう。

⑤会員の質と数
地域によっては会員数が少ない場合もあります。
あなたの条件に合うお相手がどれくらいいるのか確認しましょう。


決して安い費用ではないので、無料カウンセリングをハシゴしてみてもいいと思います。

PageTop